レーシックに潜むリスク

レーシックは、悪くなってしまった視力を回復させるための方法です。
手術を受けることで、メガネやコンタクトレンズを必要としない生活が手に入ります。
しかし、手術を受ける前には、リスクについてもしっかり理解しておく必要があります。

レーシックは、安全の高い手術として認識されているものですが、問題点もあります。
手術後、ドライアイになる方もいます。
ドライアイとは、目のかわきが感じられるようになり、障害が現れることもある疾患です。
涙の量が減ることもあります。

他にも、夜間性近視や夜間など暗い中、光がにじんで見えるハロ、ゴースト像、結膜下出血など考えられるリスクがあります。
又、手術を受ける前よりも視力が下がったり、照射のずれが原因で乱視になることもあります。

又、角膜感染症を引き起こしてしまうこともあります。
角膜感染症を防ぐ為にも、しっかりとした衛生管理がされているところを選びたいものです。
レーシック手術を受ける方が、増えてきているのは事実です。
その際、信頼できる医療機関を選ぶことは本当に重要なことです。

レーシックを受けて、およそ9割の方が1.0以上の視力まで回復されています。
手術を受けて、深刻な状態になる確率は1パーセント未満と言われているのですが、それでも医師選び病院選びは重要なことです。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して