これで安心!レーシックまるわかり

最近、ますます注目されているレーシック。
この手術を受けて、視力を回復されている方がたくさんいらっしゃいます。
以前よりも費用も安くなってきていますので、より身近な存在になってきているのでしょう。

ところで、レーシックとはどのようなものなのでしょうか。
レーシック手術は、眼球用のカンナやレーザー機器を用いて、角膜をごく薄くスライス。
ふたのようなものを作ります。

そして、角膜にエキシマレーザーを照射。
角膜の曲率を変えます。
先ほどのふた状のものをもとに戻すことで終了です。
これにより、近視を矯正することができるというものです。

メガネやコンタクトレンズを使用しなければ、はっきりと見えなかった方も、レーシックを受けることでそれらが不要になります。
もちろん、手術を受ける前には様々な検査が行われます。
医師の診察を受けた上で行われるので、安心して受けることができるでしょう。

手術にかかる時間も、15分から20分程度とのことで、入院する必要もありません。
手術後は、定期検査があるので、医師の指示に従ってきちんと受けるようにします。

目の手術ということで、感じ方は様々だと思いますが、成功すれば良く見えてとても便利になります。
この理由から、レーシックを受ける方がとても多いのです。

レーシックには、イントラレーシックやエピレーシックといった種類があり、症状に合わせて病院の先生と相談するとよいでしょう。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して