レーシックで過矯正になった視力

視力回復が期待できるレーシック。
以前とは比較的ないほど、多くの方が受けている手術です。

ほとんどの方が、手術を受けることで1.0以上の視力を手に入れているのですが、中には過矯正になってしまう方もいらっしゃいます。
これは、簡単に言えば矯正をしすぎてしまうことです。
明るさにとても敏感になってしまったり、近くにあるものを見る時、目が疲れてしまうなどの症状が表われます。

このような症状を避ける為には、レーシックを受ける前に、きちんと医師の指示に従うことがとても重要です。
レーシックについての説明や注意点などを、詳しく教えてもらうと思いますが、中には注意しなかったり指示に従わずに手術に挑む方も残念ながらいらっしゃるようです。

これでは準備OKとは言えません。
又、どれくらい視力を希望しているのか、医師と相談することになると思いますが、この時もよく考えて判断した方が良いと思います。
視力は、良ければ良いほど良いというものではないからです。

一人一人、求めるものは異なるかもしれませんが、生活する上で楽で安心な視力が一番合っているのです。
職業にもよるでしょう。

どれくらいの視力なら、生活が豊かになるのか考えてみて下さい。
もちろん、良いクリニックを選ぶことは言うまでもありません。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して