レーシックは新しい眼科治療

視力が悪いことで、面倒に感じることも色々あったのではないでしょうか。
確かにメガネを使用したり、コンタクトレンズを使って見えるようにはできるのですが、それが毎日限りなく続くことに、不安を感じていた方も中にはいらっしゃったかもしれません。

とは言え、しっかりと見えなければ字も読めませんし、車の運転もできません。
当然、勉強も仕事も不可能です。
しかし、良い手術が登場しました。

それがレーシックです。
わずか20分程度の手術で、視力がぐんとは回復するのです。
効果の感じ方は人一人異なるのですが、およそ90パーセントの方が1.0以上になったと報告されているのです。

この手術は、エキシマレーザーを使った手術です。
エキシマレーザーを使うことで角膜の曲率を変え、視力を回復させるというものです。
手術を受けると、1日くらいで矯正されます。
そして、長くても1か月もあれば視力が安定してきます。

そもそもレーシックは、ギリシャで初めて行われた手術です。
その後日本でも、2000年から受けられるようになりました。
目が良くなることを願う方は多く、たくさんの方がこの手術を受けています。
費用面から見ても、一昔前と比較して安くなっているので、より受けやすくなっています。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して