近視・遠視・老眼にもレーシック

レーシックは、視力回復に効果的で画期的な手術です。
人気もあり多くの方が受けています。
近視の方が受けて、90パーセント以上の方が1.0以上の視力になっています。
メガネやコンタクトレンズを使用していた方も、これで裸眼でものが良く見えるようになるのです。

また、レーシックは遠視の方にもお勧めなことをご存知でしょうか。
レーシックは、角膜の屈折率を矯正して見えやすくする手術です。
ですから、近視も遠視も矯正することができるのです。
遠視の場合は、眼のピントを今の状態よりも前の方へ合せます。
これで、今まではっきり見えなかったものも、良く見えるようにできます。

また、年齢を重ねれば、誰でも老眼になっていきます。
年だから仕方がないと、諦めていた方もいらっしゃるかもしれませんが、レーシックで老眼矯正をすることができます。

老眼を矯正する場合、専用のレンズを用いて矯正する方法もあります。
とても小さなリングのような形のものを角膜に入れるのです。
このリング状のものは、後で取り外してしまうことも可能です。
医学の進歩は本当に素晴らしいと思います。

少し前までできなかったことが、どんどん可能になっているからです。
良い医療機関を見つけて、申し込んでいただきたいと思います。

こちらにレーシックを受ける条件が書かれていますので、ご覧ください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して