レーシック難民急増の事実

レーシックがこれほどまで身近になった今、自分も受けたいと考えている方が多いと思います。
費用もだんだん安くなってきているので、益々人気が上がるのではないでしょうか。

しかし、快適さをもたらしてくれるレーシックですが、手術を受けたことでトラブルを抱えてしまった方もいらっしゃいます。
ドライアイや目が疲れやすくなった等、色々な症状があるようです。
ところがその症状を訴えても改善されず、あちこちの医療機関に足を運ぶ方もいます。
それがレーシック難民と呼ばれる人たちです。

レーシックが理由で、目の不調を感じる方の原因は色々考えられます。
必要以上に矯正してしまった事が原因かもしれませんし、受ける側にも何か問題があったかもしれません。
医師の指示を無視したことで、引き起こすこともあります。

レーシック難民になって、何年も暮らしているような方も中にはいらっしゃるようです。
レーシックは手術ですので、確かにリスクがあります。
私たちが、この手術を受けるかどうか判断する前に必要なことは、情報や知識をたくさん集めることです。

どのような手術なのか、メリットデメリットについてもしっかりと理解してから受けるようにしましょう。
レーシック難民が急増しています。

レーシック手術と保障期間はこちらをご覧ください。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して