裸眼で見える!レーシックの感動

もう何十年もメガネをかけた生活を送っていると、こんなもんかなと感じるようになります。
しかし、メガネが要らない生活が送れるなら、きっと楽だろうなとも思っていました。

目が覚めた時から、何でも良く見えるのです。
もちろんメガネが曇ることもないので、お手入れする必要もありません。
メガネが合わなくなると、見づらいのはもちろん、肩こりや頭痛がしてくることもあるものですが、そんな不快もないのです。

こんな生活を、私はレーシック手術で手に入れたのです。
芸能人の方の中にも、レーシックを受けた方がいることを聞いたことがありました。
実は私は、それに励まされて背中を押され、受けることにしたのです。
キラキラして幸せそうなその姿に、憧れたのかもしれません。

裸眼で見えるという幸せは、恐らく目の良い方には分からないことかもしれません。
何も用意しなくても、しっかりと見えしっかりと読めるのです。
露天風呂に入った時も、今まで以上に景色を楽しむことができ、癒しの湯を味わうことができるようになりました。

海を眺めながらの温泉や、山や林の緑を眺めながらの入浴は最高です。
素晴らしい技術が登場したなと感動しています。
何をする時も、今までよりも楽に感じています。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して