なぜレーシックは悪い噂が多いのか

レーシック手術については、色々な見方があります。
短い手術で視力を回復させることができるこの方法を、画期的で素晴らしいと考える方もたくさんいらっしゃいます。

事実、毎年多くの方がレーシックを受けてメガネの要らない生を送っています。
しかし、反対に良くない噂も耳にすることがあります。
確かに、レーシックを受けたことで、後遺症が残ってしまった方もいらっしゃいます。

ドライアイや飛蚊症、コントラストが低下してしまうこともあります。
それに、数年前には感染性角膜炎に、集団で感染したこともありました。
このような過去が影響していることも考えられます。

又、そもそも目を手術するということもあり、恐怖心もあるのかもしれません。
もしも失明してしまったらなどと、不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他に、日本人の性格も関係しているかもしれません。
もともと日本人は保守的な人種なので、新しいことに挑戦したり取り入れることに、神経質になっていることも考えられます。
過去にレーシックを受けたことで、失明した報告は一例も出されていません。
その点は安心して良いと思います。

但し、メリットデメリットを考えた上で、レーシックを受けるかどうか判断しなければなりません。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して