近視レーシックのあとで遠視になった

近視の矯正として、レーシックを受けられる方が増えてきました。
15分から20分程度の手術を受けることにより、視力を回復させることができるということで、注目されています。
費用も以前よりも安くなってきているので、健康保険が使えなくても受けやすくなってきているのかもしれません。

しかし、レーシックを受けた後、目の不調を感じる方がいらっしゃるのも事実です。
中には、遠視になる方もいます。
遠視になると、近くにものが見えづらくなります。
そして、頭痛を感じるようになる方もいらっしゃいます。
おかしいなと思ったら、医師に相談して下さい。

レーシックを受けた後、定期検診を受けることになっています。
その時に、現在の症状をお話し下さい。
再手術する方法もあります。

又、レーシックを受けた医療機関ではないところに、足を運んでみるのも一つの方法です。
一番良いのは、やはり腕の良い医師にレーシック手術をしてもらうことです。
ですから、レーシックを受ける際クリニック選びは慎重にしてほしいのです。

確かにリーズナブルな方が嬉しいものですが、それよりも大切なことは、良い手術を受けられるかどうかなのだと思います。
又、きちんとカウンセリングを受けられるところでなければなりません。

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved. 視力回復を目指して